総合病院勤務のメリット

教育システムが整っている

総合病院に勤務するメリットとしてまず挙げられるのが教育システムが整っていることです。就職するとジョブローテーションなどでいくつかの診療科での勤務を経験し、自分に適性のあるところを選んで専門とすることができます。もし専門医として働こうとしていた診療科があまり自分に合っていないと感じたときにも、転科して一からやり直せるのも総合病院のメリットです。研修を受けられるシステムも整っている病院が多いので自分なりの考え方を持ってスキルアップしていくことができます。院外研修も受けられる病院も多いでしょう。医師として優秀な人材に育っていきたいと考えている人にとって充実したバックアップがあるのが総合病院の魅力です。

研究にも従事しやすい

総合病院では臨床研究も積極的に行っているケースが多く、医師として研究活動にも従事したい人にとって魅力があります。日常業務に加えて臨床データを活用して自分なりの研究を進めていくことができるので、学会活動にも積極的に関与していきたい医師にとって総合病院はメリットが豊富です。また、新しい治療方法を確立したり、新規医薬品を生み出したりするための臨床試験の現場としても総合病院はよく利用されています。医師主導での治験を行う現場としても総合病院は頻繁に活用されているので、自分のデザインした治験を実施したいという目標を持っている人にも魅力的です。医療に対する高い気概を持っている人は総合病院で働くのに適しているでしょう。

© Copyright Introduce The Doctor. All Rights Reserved.