総合病院勤務のデメリット

専門が定まりにくいのがデメリット

総合病院に勤務するデメリットとして、就職や転職をした時点では専門とする診療科目が定まらないことが挙げられます。現場で研修を受けてから専門を決めることも多く、そのときに空きがなかったり、競争相手が多かったりすると希望している診療科目を専門にできない場合があるのが実情です。専門病院の場合には細かな点でみると理想通りの仕事ができなかったとしても、診療科目から希望とは違うものになってしまうことはありません。人材不足になっている診療科目への出向を命じられるケースもあるので注意が必要になります。場合によってはいくつかの診療科目を転々とする日々になる場合もあるので、やりたいことが決まっている人にはあまり向いていません。

複数の疾患を持っている患者が多い

対応力を求められる傾向が強いのは総合病院のデメリットです。他の診療科から紹介されて来る患者が多く、複数の疾患を持っている患者に対応するケースが多くなります。専門外の疾患についての知識も求められるため、勉強しなければならないことが増えがちです。他の診療科の医師とのコミュニケーションの機会も多いため、専門外の医療用語も覚えて円滑にやり取りできるようにならなければなりません。多様な患者に対応できる医師になりたいという人にはスキルアップの機会になるのは確かです。しかし、安定して働けるようになりたいと考えている人にとっては変化が大きく、常に向上心を持って新しいことに挑まなければならないので大変になってしまいます。

© Copyright Introduce The Doctor. All Rights Reserved.