クリニック勤務のデメリット

時には、不満を持つことにもなるクリニック勤務

クリニック勤務を希望する医師が増えていることは事実ですが、必ずしもメリットばかりがあるわけではありませんので、留意しておくことが必要です。医師の中には、元々開業医を目指して頑張るという人も少なくありません。そのような人にとっては、クリニック勤務は物足りなさを感じてしまうというケースも多いようです。クリニック勤務では、基本的には自らがトップになるわけではなく、在籍する医師の一人として治療や診察を担当することになります。時には院長先生と意見が合わないなんてこともあるのではないでしょうか。それがクリニック勤務のデメリットといえるのかもしれません。医師の中には、クリニック勤務に満足することができずに、改めて開業医を目指すというケースもあります。

設備や医療機器が万端ではないことも

一概にいうことはできませんが、一般的にクリニックの方が病院よりも小規模といえるでしょう。簡単な処置や治療を施すことはできますが、大規模な手術などはできないのが現実です。医師としてのスキルや経験を思う存分に発揮したいと考える人にとっては、欲求不満がたまることになるのではないでしょうか。テレビドラマなどで主人公を務める医師が、たくさんの助手やスタッフを従えて手術を行うシーンに憧れる医師もたくさんいます。残念ながら、設備が万端ではないクリニックでは、そのような腕をふるうことはできません。病気やケガをしている人が訪れたとしても、応急処置をするにとどまるのが大部分なのです。そのような事態にストレスを抱える医師もいます。

© Copyright Introduce The Doctor. All Rights Reserved.